盆栽鉢窯元・盆栽鉢作家・植木鉢・作家Bonsaipot



カテゴリ:御庭焼盆栽鉢( 14 )


御庭焼盆栽鉢(十三)御庭焼・加介・赤絵山水丸鉢

御庭焼盆栽鉢(十三)御庭焼・加介・赤絵山水丸鉢
(おにわやきぼんさいばち・かすけ・あかえさんすいまるばち)

盆栽鉢の場合御庭焼と言えば紀州家の偕楽園鉢をさす。(他にもいろんな場所の庭で焼かれた盆栽鉢はあるのだが)

紀州御庭焼は、文政年間~嘉永5年頃まで徳川治宝が創窯し逝去まで西浜御殿の庭(偕楽園)で窯が開かれた。

落款を持つ加介鉢は少なく稀少な品である。土味が京焼あわた土に近い、御庭焼と盆栽界で言われる盆器は京焼である可能性がたかいのでは?

d0008756_855518.jpg


d0008756_856570.jpg


d0008756_856213.jpg


d0008756_8564170.jpg


d0008756_8565395.jpg


d0008756_857380.jpg


加介赤絵山水丸鉢 口径150mm-高185mm

d0008756_8582562.gif
訪問の際クリック願います
d0008756_18554479.jpg

[PR]
by e-bonsai | 2005-11-16 08:59 | 御庭焼盆栽鉢

御庭焼盆栽鉢(十二)御庭焼・加介・鉄沙釉丸鉢

御庭焼盆栽鉢(十二)御庭焼・加介・鉄沙釉丸鉢
(おにわやきぼんさいばち・かすけ・てつしゃゆまるばち)

加介鉢を追いかけ、捜し求める中。土(泥)、焼成温度、釉薬の仕上げである事柄が見え出した中でのこの作品の購入することとなった。(詳細は関心のある方は問合せ下さい)
写真は「盆栽水石の鉢・水盤・卓ー社団法人 日本盆栽協会編」昭和49年発行の189の絵違い、同型

d0008756_11584948.jpg


d0008756_11573156.jpg


d0008756_11574719.jpg


d0008756_11593621.jpg


d0008756_11595044.jpg


御庭焼加介鉄沙鳳凰文丸鉢 口径205mm-高205mm

d0008756_1244585.gif
訪問の際クリックして下さい。
d0008756_18523579.jpg

[PR]
by e-bonsai | 2005-11-08 12:05 | 御庭焼盆栽鉢

御庭焼盆栽鉢(十一)御庭焼・加介・赤絵丸鉢

御庭焼盆栽鉢(十一)御庭焼・加介・赤絵丸鉢
(おにわやきぼんさいばち・かすけ・あかえまるばち)

盆栽鉢の場合御庭焼と言えば紀州家の偕楽園鉢をさす。(他にもいろんな場所の庭で焼かれた盆栽鉢はあるのだが)

紀州御庭焼は、文政年間~嘉永5年頃まで徳川治宝が創窯し逝去まで西浜御殿の庭(偕楽園)で窯が開かれた。

無落款であるが明治時代の加介鉢と想われる。

d0008756_956598.jpg


d0008756_9574370.jpg


d0008756_95758100.jpg


d0008756_9564657.jpg


御庭焼加介赤絵丸鉢 口径214mm-高145mm

d0008756_1022622.gif
訪問の際クリックして下さい。
d0008756_18435715.jpg

[PR]
by e-bonsai | 2005-10-20 10:02 | 御庭焼盆栽鉢

御庭焼(偕楽園)盆栽鉢(十)御庭焼金襴手外縁雲鶴文八角鉢

御庭焼(偕楽園)盆栽鉢(十)御庭焼金襴手外縁雲鶴文八角鉢
(おにわやき(かいらくえん)ぼんさいばち

盆栽鉢の場合御庭焼と言えば紀州家の偕楽園鉢をさす。(他にもいろんな場所の庭で焼かれた盆栽鉢はあるのだが)

紀州御庭焼は、文政年間~嘉永5年頃まで徳川治宝が創窯し逝去まで西浜御殿の庭(偕楽園)で窯が開かれた。


d0008756_9575553.jpg


d0008756_958925.jpg


d0008756_9582335.jpg


d0008756_9583562.jpg


御庭焼金襴手外縁雲鶴文八角鉢 口径220(205)mm-高158mm

d0008756_1001763.gif
訪問の際クリックして下さい。
d0008756_1826699.jpg

[PR]
by e-bonsai | 2005-09-06 10:03 | 御庭焼盆栽鉢

御庭焼(偕楽園)盆栽鉢(九)

御庭焼(偕楽園)盆栽鉢(九)
(おにわやき(かいらくえん)ぼんさいばち

盆栽鉢の場合御庭焼と言えば紀州家の偕楽園鉢をさす。(他にもいろんな場所の庭で焼かれた盆栽鉢はあるのだが)

紀州御庭焼は、文政年間~嘉永5年頃まで徳川治宝が創窯し逝去まで西浜御殿の庭(偕楽園)で窯が開かれた。

二賢人図で賢人以外の面は透かし彫りの創りになっている。寸法的には双鶴図より10mm~13mm小さい

d0008756_18254537.jpg


d0008756_1825853.jpg


d0008756_18252962.jpg


d0008756_18254392.jpg


d0008756_1826348.jpg

賢人
d0008756_18261891.jpg

賢人
御庭焼賢人文八角鉢 口径207(200)mm-高149mm

追伸本日入荷

d0008756_18303160.gif
訪問の際クリックして下さい。
d0008756_18244668.jpg

[PR]
by e-bonsai | 2005-09-05 18:33 | 御庭焼盆栽鉢

永楽御庭焼(偕楽園)盆栽鉢(八)

永楽御庭焼(偕楽園)盆栽鉢(八)
(えいらく・おにわやき(かいらくえん)ぼんさいばち

盆栽鉢の場合御庭焼と言えば紀州家の偕楽園鉢をさす。(他にもいろんな場所の庭で焼かれた盆栽鉢はあるのだが)

紀州御庭焼は、文政年間~嘉永5年頃まで徳川治宝が創窯し逝去まで西浜御殿の庭(偕楽園)で窯が開かれた。


d0008756_16183128.jpg


d0008756_16185182.jpg


d0008756_16195855.jpg


d0008756_16201145.jpg


御庭焼(偕楽園)浮彫僧侶文獣足八角鉢  口径200mm-高155mm

d0008756_16242183.gif
 訪問の際クリックして下さい。
[PR]
by e-bonsai | 2005-08-20 16:26 | 御庭焼盆栽鉢

永楽御庭焼(偕楽園)盆栽鉢(七)

永楽御庭焼(偕楽園)盆栽鉢(七)
(えいらく・おにわやき(かいらくえん)ぼんさいばち

盆栽鉢の場合御庭焼と言えば紀州家の偕楽園鉢をさす。(他にもいろんな場所の庭で焼かれた盆栽鉢はあるのだが)

紀州御庭焼は、文政年間~嘉永5年頃まで徳川治宝が創窯し逝去まで西浜御殿の庭(偕楽園)で窯が開かれた。

この盆器の素地は楽土である。松竹梅の透かし彫りに永楽独特の釉薬、逆さに焼成したのか受けの柱跡が内側に見られる。偕楽園鉢の中ではもっとも凝ったつくりである。

d0008756_101678.jpg


d0008756_1017861.jpg


d0008756_10172878.jpg


d0008756_10174352.jpg


偕楽園松竹梅浮彫六角鉢 口径200mm-高160mm

d0008756_1020082.gif
訪問の際クリックしてください。
[PR]
by e-bonsai | 2005-08-14 10:21 | 御庭焼盆栽鉢

永楽御庭焼(偕楽園)盆栽鉢(六)

永楽御庭焼(偕楽園)盆栽鉢(六)
(えいらく・おにわやき(かいらくえん)ぼんさいばち

盆栽鉢の場合御庭焼と言えば紀州家の偕楽園鉢をさす。(他にもいろんな場所の庭で焼かれた盆栽鉢はあるのだが)

紀州御庭焼は、文政年間~嘉永5年頃まで徳川治宝が創窯し逝去まで西浜御殿の庭(偕楽園)で窯が開かれた。

写真で紹介する盆器は永楽善五郎の作と思われるが無落款、日本盆栽協会編日本盆栽水石大系の鑑賞と陳列のP70-84に同型の一回り小さな作品が紹介されている。しゃしんの盆器は美術盆器名品大成・日本編・403に紹介された盆器

御庭焼(偕楽園)浮彫十二支文猫足八角鉢は最近一対として所蔵されることとなった

六回に渡り紹介させて頂いた御庭焼きは某家の協力で紹介させて頂くこととなった。他ににも御庭焼を所蔵されているが今回は六回の紹介とさせて戴きます。

d0008756_19582763.jpg


d0008756_19585445.jpg



御庭焼(偕楽園)浮彫十二支文猫足八角鉢  口径200mm-高155mm
[PR]
by e-bonsai | 2005-07-23 20:00 | 御庭焼盆栽鉢

御庭焼(偕楽園)盆栽鉢(五)

御庭焼(偕楽園)盆栽鉢(五)
(おにわやき(かいらくえん)ぼんさいばち

盆栽鉢の場合御庭焼と言えば紀州家の偕楽園鉢をさす。(他にもいろんな場所の庭で焼かれた盆栽鉢はあるのだが)

紀州御庭焼は、文政年間~嘉永5年頃まで徳川治宝が創窯し逝去まで西浜御殿の庭(偕楽園)で窯が開かれた。


写真で紹介する御庭焼は縁や胴の素地の型を無視した上絵が施されている。

d0008756_2031123.jpg


d0008756_2032923.jpg


d0008756_2031477.jpg


d0008756_2033693.jpg


御庭焼外縁赤絵八角鉢
[PR]
by e-bonsai | 2005-07-22 20:05 | 御庭焼盆栽鉢

御庭焼(偕楽園)盆栽鉢(四)

御庭焼(偕楽園)盆栽鉢(四)
(おにわやき(かいらくえん)ぼんさいばち

盆栽鉢の場合御庭焼と言えば紀州家の偕楽園鉢をさす。(他にもいろんな場所の庭で焼かれた盆栽鉢はあるのだが)

紀州御庭焼は、文政年間~嘉永5年頃まで徳川治宝が創窯し逝去まで西浜御殿の庭(偕楽園)で窯が開かれた。


写真で紹介する御庭焼は永永楽御庭焼(偕楽園)盆栽鉢(二)楽御庭焼(偕楽園)盆栽鉢(三)よりは時代がある(古い)のではと思われる。

d0008756_17514390.jpg


d0008756_1751378.jpg


d0008756_17522319.jpg


d0008756_17521780.jpg


d0008756_17525543.jpg


御庭焼外縁雲鶴文八角鉢
[PR]
by e-bonsai | 2005-07-21 17:54 | 御庭焼盆栽鉢


盆栽鉢窯元・盆栽鉢作家・物故者盆栽鉢作家の紹介(個人的な評価等)
盆栽屋 園木清花園
盆栽屋 園木清花園
E-mail webmaster@e-bonsai.info
盆栽屋 園木清花園
盆栽・盆栽鉢・盆栽道具の通信販売
盆栽鉢作、植木鉢、作家
盆栽鉢窯元・盆栽鉢作家・植木鉢作家の紹介
盆栽教室
盆栽教室 盆栽をはじめよう!!
盆栽屋のひとりごと
盆栽屋園主のたわごとや日常
盆栽道具 Bonsaitool
盆栽道具の紹介・盆栽道具の使い方
人気blogランキングへ訪問の際クリック下さい。



カテゴリ
全体
九谷焼盆栽鉢
御庭焼盆栽鉢
有田焼盆栽鉢
京焼(清水焼)盆栽鉢
犬山焼盆栽鉢
相馬焼盆栽鉢
尾張焼(瀬戸焼)盆栽鉢
萬古焼盆栽鉢
薩摩焼盆栽鉢
常滑焼盆栽鉢
市川苔洲盆栽鉢
大日本幹山盆栽鉢
仁清盆栽鉢
伊万里焼盆栽鉢・植木鉢
赤膚焼盆栽鉢
渋草焼盆栽鉢・植木鉢
湖東焼盆栽鉢・植木鉢
無名異焼盆栽鉢
瑞芝焼盆栽鉢・植木鉢
丹波焼盆栽鉢
小石原焼盆栽鉢植木鉢
豊楽焼盆栽鉢
西浦焼盆栽鉢・植木鉢
北京窯盆栽鉢・植木鉢
中国盆栽鉢・紫泥
中国盆栽鉢・朱泥
中国盆栽鉢・鳥泥
中国盆栽鉢・紅泥
中国盆栽鉢・均釉
中国盆栽鉢・呂均釉
中国盆栽鉢・景徳鎮
中国盆栽鉢・白交趾
中国盆栽鉢・南京
中国盆栽鉢・青交趾
中国盆栽鉢・広東鉢
中国盆栽鉢・蕎麦釉
中国盆栽鉢・海鼠釉
南蛮盆栽鉢
安南焼盆栽鉢
竹本隼太盆栽鉢
盆栽鉢作家・現代陶工
大仲翠月盆栽鉢
市之倉石州盆栽鉢
佐野大助盆栽鉢
平安東福寺盆栽鉢
平安香山盆栽鉢・香翁鉢
陶翠盆栽鉢
月之輪湧泉盆栽鉢
三浦竹泉盆栽鉢
清風興平盆栽鉢
小糸泰山盆栽鉢
三琇一陽盆栽鉢
平安香草盆栽鉢
稚松愛草盆栽鉢
平安萬草盆栽鉢
蓮葉盆栽鉢
一介凡人盆栽鉢
祝峯盆栽鉢
昭阿弥盆栽鉢
宮崎一石盆栽鉢
原茂鵬松盆栽鉢
春嘉盆栽鉢
古仙堂盆栽鉢
林紅村盆栽鉢
高取焼盆栽鉢
井村製盆栽鉢
月之輪正泉盆栽鉢
奥村宗山盆栽鉢
市橋和雀盆栽鉢
真葛香山盆栽鉢
島岡達三盆栽鉢
淡路焼盆栽鉢
伊藤月香盆栽鉢
石田祥石盆栽鉢
尾張裕峯盆栽鉢
秀功堂遊楽盆栽鉢
平安竹峰盆栽鉢
池上瑞穂盆栽鉢
柴崎青閑盆栽鉢
南紀男山盆栽鉢
御蔵山盆栽鉢
谷嵐山盆栽鉢
羽二生隆盆栽鉢
琉球焼盆栽鉢
三州孝子盆栽鉢
出石焼盆栽鉢
伊藤陶山盆栽鉢
杉浦景仙(三州向山)盆栽鉢
彦山人盆栽鉢
加藤雲泉盆栽鉢
九谷美陶園(晴山)盆栽鉢
林裕子盆栽鉢
高麗盆栽鉢
月之輪春石盆栽鉢
三州福峰盆栽鉢
壷堂盆栽鉢
舟山盆栽鉢
宇野登盆栽鉢
屯洋盆栽鉢
曉雲・曉夢盆栽鉢
オランダ(デルフト)焼盆栽鉢
岡田孟善盆栽鉢
清みず盆栽鉢
陶元盆栽鉢
不識庵素三盆栽鉢
駿河山正盆栽鉢
花崎俊豪盆栽鉢
浅井茶山盆栽鉢
池島保雄盆栽鉢
水盤
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧